Webマーケティングねこの巻

虎の巻ほど秘密の情報ではないのですが、マーケティング視点でのWebサイト運営に必要な事項をまとめています。 少しずつ追加しているので、気になった方は定期的に御覧ください。

最近の更新

HTMLメールを送る

メルマガと違いダイレクトEメールはセールスのためのメールです。 LPに誘導するよりメール内でクロージングするつもりでHTMLメールにしてダイレクトにアクションを起こしてもらう方が近道です

HTMLメールを送る


集客すべきターゲットを設定する

集客を行うにはターゲット設定を行う必要があります。 ターゲットを決めるのに2つの条件を入れましょう。

集客すべきターゲットを設定する


ダイレクト・Eメールの解除方法を決める

ダイレクト・Eメールの解除方法を決める
ダイレクトメールは基本的にセールスレターですので、購入意思がない人には不要なものです。 そのためメルマガコンテンツとどのように分けて解除にはどのような方法を用意するかによりリストの残り方が変わってきます。

ダイレクト・Eメールの解除方法を決める


ダイレクト・Eメールのメールエラー対応

ダイレクト・Eメールのメールエラー対応
メールがエラーで届かない場合があります。エラーメッセージにより会員を無効にすべきか判断する必要があります

ダイレクト・Eメールのメールエラー対応


ダイレクト・Eメールの効果測定

ダイレクト・Eメールの効果測定
ダイレクトEメールメールの効果測定は配信数、レスポンス数、コンバージョンの測定が基本です

ダイレクト・Eメールの効果測定


ダイレクトEメールの送付対象とする属性

ダイレクトEメールの送付対象とする属性
ダイレクトEメールをメールを誰にどのように送るかを戦略的に考えると受けてのイメージも効果も全く変わってきます。同じ内容でも属性により送るタイミングを変えて有効な告知にします。

ダイレクトEメールの送付対象とする属性


ダイレクト・Eメールの頻度を把握して、解除率を下げる

ダイレクト・Eメールの頻度を把握して、解除率を下げる
ダイレクトメールは配信頻度を誤るとせっかく結んだ信頼関係が失われることになるため、注意して配信する必要があります。

ダイレクト・Eメールの頻度を把握して、解除率を下げる


ダイレクト・Eメールのリストとパーミション

ダイレクト・Eメールのリストとパーミション
メールを使ったセールスはとても有効ですが、リストをどのように集めたかにより効果も大きく変わります。

ダイレクト・Eメールのリストとパーミション


ビジネスへの誘導

ビジネスへの誘導
ブログでは基本的に業界で役立つ情報や気づきをあたえるきっかけを提供しますが、ビジネスに結びつけるには、商品サイトやオファーのLPへ誘導する必要があります。

ビジネスへの誘導


アクセス解析で訪問傾向を把握する

アクセス解析で訪問傾向を把握する
ブログの効果測定はどのように行うべきでしょうか 再訪問を目的としているのリピーターの動きを把握します。

アクセス解析で訪問傾向を把握する


過去記事の訂正

過去記事の訂正
ブログの記事を一時的なもので終わらせるのではなく、恒久的なコンテンツとするため、定期的な確認、更新をします

過去記事の訂正


過去の関連記事との連携

過去の関連記事との連携
ブログは一つの記事で情報を与えるだけでなく、全体で安心感、信頼感を与えるものです。訪問あたりの閲覧数、閲覧時間が増えるように読み終わった後に関連リンクを配置します。

過去の関連記事との連携


ブログの記事追加にあたり考慮すること

ブログの記事追加にあたり考慮すること
再訪問誘導のための記事コンテンツついかにあたり、意識しておいたほうがいいことがあります

ブログの記事追加にあたり考慮すること


ブログの更新を通知する

ブログの更新を通知する
ブログは更新情報を知らせることにより、ページの価値を上げられます。

ブログの更新を通知する


ブログコンテンツの検討

ブログコンテンツの検討
誰に何を伝えるブログかを決めておくとブログのテーマがぶれません。 さらに決められた人(ペルソナ)に伝えることを意識するとメッセージが伝わりやすくなります。

ブログコンテンツの検討


コンテンツマーケティングの役割としてのブログ

コンテンツマーケティングの役割としてのブログ
価値あるコンテンツの提供を行なうプラットフォームとしてブログツールが向いています。

コンテンツマーケティングの役割としてのブログ


12.ステップメール終了後のアンケート

12.ステップメール終了後のアンケート
アンケートは意見と集めるという役割の他に、良かった点を言ってもらって印象を深めることと、不満を言ってもらってすっきりさせることです。どちらも会社にとってプラスになります。たとえ回答がもらえなくても聞く姿勢を見せることで改善しようとする姿勢を見せることができます。

12.ステップメール終了後のアンケート


11.ステップメールの予定配信数終了後

11.ステップメールの予定配信数終了後
ステップメールは決められた回数で終了します。その後の接点をどう作るかが課題になります。

11.ステップメールの予定配信数終了後


10.ステップメールの解除

10.ステップメールの解除
ステップメールもメルマガ同様、簡単に削除できる必要があります

10.ステップメールの解除


9.ステップメールの効果測定

9.ステップメールの効果測定
ステップメールが有効活用されているか測定します。

9.ステップメールの効果測定


8.動画やダウンロードコンテンツ

8.動画やダウンロードコンテンツ
テキストだけの情報で印象を残すのは難しいので、動画で印象を残したり、チェックシートなどをダウンロードしてもらいます

8.動画やダウンロードコンテンツ


7.サイトへ誘導

7.サイトへ誘導
ステップメールからサイトに誘導することにより、発行者を思い出させ、ステップメール終了後の信頼関係を構築しやすくします。

7.サイトへ誘導


5.スッテップメールの配信間隔は毎日か週に1回か

5.スッテップメールの配信間隔は毎日か週に1回か
短期セールス型ステップメールと長期信頼関係構築型のステップメールで配信間隔を分けると効果的です。

5.スッテップメールの配信間隔は毎日か週に1回か


6.ステップメールのコンテンツの書き方

6.ステップメールのコンテンツの書き方
ステップメールは単独のメールでクローズする必要はありません。前回との繋がりや次回予告など流れを意識したコンテンツにより継続を意識させます

6.ステップメールのコンテンツの書き方


4.ステップメールの配信回数は5回、10回、20回、365回

4.ステップメールの配信回数は5回、10回、20回、365回
ステップメールの配信回数はコンテンツのボリュームや見込み客の状況に応じて変えます。

4.ステップメールの配信回数は5回、10回、20回、365回


3.ステップメール登録の際にダイレクトメールのパーミションも得る

3.ステップメール登録の際にダイレクトメールのパーミションも得る
必ずステップメール登録時にキャンペーン告知メールなどお得な情報を発信する旨を記載しましょう。

3.ステップメール登録の際にダイレクトメールのパーミションも得る


2.ステップメールの登録ページ

2.ステップメールの登録ページ
ステップメールに申し込むページはLPの一部にする方法と専用ページを用意する方法があります。

2.ステップメールの登録ページ


1.ステップメールとは

1.ステップメールとは
ステップメールとメルマガ(同報メール)の違いを理解し、どのような場合に使えるかを把握しましょう。

1.ステップメールとは


SEOコンテンツとしてのブログ

SEOコンテンツとしてのブログ
ブログは自社サイトのSEO的価値を上げる重要な役割を持ちます。 コンテンツマーケティングの基本となりますが、ロングテールSEOとしても効果が期待できます。

SEOコンテンツとしてのブログ


SNSと連携すると

SNSはゆるいつながりをもった見込み客に新着情報や更新情報を告知するのに最適です

SNSと連携すると


facebookページを作ろう

今やSNSの代表というべきFacebook。いいねをクリックしてつながりをつくります。

facebookページを作ろう


ネットを利用したプレスリリース

新しく商品やサービスをつくったり、リニューアルした場合のマスコミ向け告知にプレスリリースを利用します。

ネットを利用したプレスリリース


無料ではなくアドレスと交換

無料サービスで集客。よくある手法ですが必ずパーミションをとってメールアドレスと交換しましょう

無料ではなくアドレスと交換


アフィリエイトとは

アフィリエイトとはネットで行う代理店のようなものです。 記事広告に近いページを作ってもらい、そのページ経由で売れた場合に手数料を払います。

アフィリエイトとは


広告テストの実施

広告ができたら本格的に予算を掛ける前に低予算ですべての広告の反応を確認します。

広告テストの実施


広告出稿とURLパラメータ

アクセス解析で広告の効果測定を行えるようにするために、広告からの誘導URLにパラメータをつけます

広告出稿とURLパラメータ


バナー広告作成

コピーが決まったら、それをバナーにします。 予めすべてのサイズのバナーを用意して作ったコピーを貼り付けていきます。

バナー広告作成


広告コピーの作成

ディスプレイ広告はニュースサイトやメディアサイト、個人ブログなどに表示されるバナー広告です。 クリックされると広告料金が発生します。 クリックしてもらうために最も重要なのが広告のコピーです。

広告コピーの作成


本文は多くてもいい

ページのコンテンツはシンプルに分かりやすく書きたくなりますが、SEOの視点からはテキストはあればあるほど検索されやすくなります。

本文は多くてもいい


コンテンツ内のリンクを考える

検索エンジンがそのページの順位を決めるのに必要な要素はページのコンテンツともうひとつのそのページヘのテキストリンクです。

コンテンツ内のリンクを考える


パンくずは検索結果に表示される

検索エンジンはパンくずメニューを認識すると検索結果にもきちんと同じ形で表示してくれます。ページタイトルと同じキーワード付きタイトルで記述します。

パンくずは検索結果に表示される


SEO視点でヘッダ内に記述すべき項目

SEO視点でヘッダ内に記述すべき項目


キーワードリストに対応したチェック表をつくる(ロングテールSEO)

キーワードリストに対応したチェック表をつくる(ロングテールSEO)


重複を避ける施策

SEOの内部施策で重要なことは検索エンジンにそのページが持っている情報をきちんと伝えることです。

重複を避ける施策


やってはいけないSEO

SEOのの内部施策には過去には効果が期待できたが、現在は検索エンジンスパムとみなされるものが多数あります。

やってはいけないSEO


サイト内の被リンクを把握する

サイト内の被リンクを把握する


検索結果に画像を出す

これからはページに対し1つの画像を用意するしておいたほうがよさそうです

検索結果に画像を出す


メニューはリスト形式で

メニューはリスト形式(liタグ)で記述し、CSSで見やすさを調整します。

メニューはリスト形式で


HTMLをしっかり

HTMLは常に進化しており、色々と変わっていきます。 表示の崩れがなく、どのブラウザでも見ても矛盾ない構造にする必要があります。

HTMLをしっかり


キーワードの選定

リスティング広告は検索キーワードに連動した広告を検索結果に出す広告サービスのことです。そのため、キーワードの選定が重要になります。

キーワードの選定


カテゴリ